ビタミンc誘導体や保湿効果抜群化粧水を使おう│肌も大スキンコスメ

美容

保湿化粧水の特徴と使い方

乾燥から守る保湿化粧水

女性

洗顔後の最初の肌に付ける基礎化粧品が化粧水です。 洗顔を行って清潔になった肌にたっぷりと水分を与えることができて、角質層をみずみずしく潤わせることができます。 肌を柔らかくすることができて、後から使う基礎化粧品の浸透力をアップさせる作用があります。 化粧水にも様々なタイプがありますが、乾燥が気になる方は保湿化粧水を選ぶと良いでしょう。 水溶性の保湿成分が含まれていますから、水分を与えながら潤いを逃がさない作用をしてくれます。 また、化粧水を付けた後にクリームや乳液でふたをすることにより、化粧水の水分や美容成分を肌から逃げないようにガードすることができます。 肌に水分をたっぷりと補給することができて、乾燥を防ぐことができます。

効果的な付け方

保湿はスキンケアの基本でもありますから、化粧水を付ける時にも正しい方法で行うのが大切です。 まず、洗顔後の肌は水分が逃げやすくなっていますから、一刻も早く化粧水を付けて保湿するようにしましょう。 使用する量は少なすぎても水分不足になり、多すぎても角質層を傷めてしまいますから、説明書をしっかりと読んで適量を使用するのが大切です。 付けるのはコットンでも手でも大丈夫ですが、コットンの場合には繊維の毛羽立ちなどがないタイプを使用しましょう。 そして、こすったりパッティングのしすぎは肌に負担がかかってしまいますから、丁寧になじませていって肌に浸透させるのが大切です。 また、乾燥を感じる部分には重ね付けして、乾燥を防ぐようにしましょう。